[生活防水]DoD ソーラーポップアップLEDランタン[乾電池長時間稼働]

DoDのポップアップLEDランタンを購入したのでレビューします。

特徴

・乾電池駆動(単三乾電池3ケ)、電池がヘタってきたら交換可能
・ソーラー充電、USB充電(microUSB)可能、生活防水
公式㏋より

・ホヤがシリコン製の折り畳み式でコンパクト
・カラビナ式のハンガー付きで設置場所を選ばない
・白色・暖色・常夜灯・ゆらぎの4モード切替可能
・暗闇で見つけやすい蓄光ホヤ、ボタン
公式HPより

・選べる明るさ
ハイパワーモード 200ルーメン
ノーマルモード  100ルーメン
常夜灯モード   20ルーメン

・長時間稼働
ニッケル水素乾電池
ハイパワーモード(白色)4時間
ノーマルモード(暖色) 10時間
常夜灯モード(暖色)  32時間
ゆらぎモード(暖色)  16時間
アルカリ乾電池
ハイパワーモード(白色)10時間
ノーマルモード(暖色)  25時間
常夜灯モード(暖色)  80時間
ゆらぎモード(暖色)  40時間
公式HPより

実際に使ってみる

常夜灯モードで寝室の出窓に置いて点灯(10時間程度)、日中ホヤたたんでひっくり返してソーラー充電(9時間程度)というのを10日程繰り返してみましたが夜中に明るさがかわったり起きて灯りが消えていることは一度もありませんでした。
常夜灯モードで7畳程の部屋がほんのり明るくなって、ノーマルモードで手元におけば本を読むのも可能。
シリコンのホヤの効果で目が痛くなるような灯りではなく自然なほんのりとした灯り。
逆にノーマルモードだと明るくすぎるくらいで、ハイパワーモードはものを探すときや作業灯なんかに使えて便利。
ゆらぎモードは制御の問題なのか、明るさの切り替えがゆっくりでなく断続的な機械的なもので、個人的にはイマイチでした。

まとめ


いい点
このランタンの便利なところは単三乾電池3本で使えるところ、Amazonやらでこの手のランタンを探すと内蔵バッテリーのものが多い中このランタンは乾電池で扱える、電池交換できるので末長く使えるだろうという点。我が家は単三乾電池を使うものが多いのでメリットです。
ソーラー充電も日中日の当たる窓際や窓際に置いておくだけでいいので充分実用的。USB充電中も点灯できるのも地味に便利かと思います。あとはホヤとボタンに蓄光機能があるので灯りを消した後にもしばらくの間発光して見つけやすい。

わるい点
電池残量のランプがついていたら文句なしだった(乾電池式なので難しいのか)
カラビナ式のハンガーが薄めのプラスチックで強度に不安があって、経年劣化で雑に扱ったら折れるのではないかと少し心配(使ってみて追記します)

まとめ
この手のランタンは充電が面倒でいざ使いたい時に電池がないということがありがちだけど、窓際とか車のダッシュボード、キャンプ地ではテントの外に引っ掛けておくだけでいいのは楽、曇りや雨だったとしても電池が交換できるので、連泊なんかにも向いているでしょう。ソロキャンプなら一つで手元灯、テント内の常夜灯に、ファミリー向けの大型テント、タープでも2~4個これがあればことたりるかな。
価格もだいぶこなれてきているので買い時だと思います。

キャンプ場でよく見かけるウサギのマークがDoDだとこの記事を書いてて知りました(^^)/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください