[D.I.Y] 打ち抜き井戸掘り 準備編 [覚書]

4 . D.I.Y井戸掘りはいくらかかるのか?

 

おおまかですが資材費を計算してみます

井戸掘り機
[VP75mm 2m]×1
[VP40mm 4m]×1
[VP20mm 2m]×1
[VP16mm 4m]×2
異径継手×1
継手×4

井戸枠 吸い上げ管
[VU100mm 4m]×2
[VP25mm 4m]×2
継手×4

塩ビ用ボンド

他にも細々ありますが、打ち抜き井戸掘り(6m)をしてかかる費用はざっと

10000円


浅井戸ポンプ オークションで中古 5000円~
新品で50000円~

ステンレス手押しポンプ ネットショップで 5000円程度

井戸といえば思い浮かぶガチャガチャポンプは中古でもかなり値が張ります 20000円~

他のものも全部買うとして中古ポンプ代、自宅への引き込み分のパイプ、水栓代を入れても30000円程度で済みます。
当然ながら何m掘るかでも材料代はかわってきますし、塩ビパイプは太いほど価格が高くなるので、井戸枠は太めがいいですが、どうしても長くなる井戸掘り機などは価格と太さを相談してみるといいかもしれません。

井戸掘りの業者に頼むと最低でも250000円はかかるといいます。
その土地の土質が大きくかかわってきますが10mに満たない井戸であれば、自作の道具で掘れば
30000円程度

以上4項目に分けて井戸を掘るまでに疑問に思っていたことを解説してみました。

実際にやってみた感想としては井戸掘りに必要なものはほぼ

「高いモチベーション」のような気がします(笑)

個人的には試行錯誤の連続でとても楽しい工程でした。

次回は 実際に井戸を掘っていきます。






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください